最近5年程度の成果を掲載しています.2015年度以前の成果はこちらへ

著書

  • 毛利 公一,
    基礎オペレーティングシステム その概念と仕組み,
    数理工学社,2016.

>>> 2015年度以前の成果はこちらへ

論文

  • 松本 隆志,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    TCPによるネットワークワイドなテイント追跡を用いた情報漏洩防止システム,
    情報処理学会論文誌,Vol. 60,No. 12,pp. 2269-2278,2019.
  • 福田 泰平,鄭 俊俊,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    Androidにおける端末識別情報送信検出のための動的解析システム,
    情報処理学会論文誌,Vol. 60,No. 12,pp. 2259-2268,2019.
  • 竹内 俊輝,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    ユーザによるHTMLハイブリッドアプリケーションへのCSP適用が可能なXSS防御基盤Mocha,
    情報処理学会論文誌,Vol. 59,No. 12,pp. 2155-2165,2018.
  • 福田 泰平,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    JDWPによる動的解析を利用したAndroidアプリケーションの端末識別情報利用実態調査,
    情報処理学会論文誌,Vol. 59,No. 9,pp. 1678-1688,2018.
  • 中島 将太,大月 勇人,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    動的解析ログを活用した静的解析補助手法,
    情報処理学会論文誌,Vol. 59,No. 2,pp. 800-811,2018.
  • 明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    無線メッシュネットワークにおけるパケット順序エラーに対するフィードバックを用いたTCP高速再送制御の制御手法,
    電子情報通信学会論文誌(B),Vol. J101-B,No. 2,pp. 122-132,2018.
  • 奥野 航平,内匠 真也,大月 勇人,瀧本 栄二,毛利 公一,
    コンパイラを用いた情報フロー制御による情報漏洩防止機構,
    情報処理学会論文誌,Vol. 57,No. 12,pp. 2836-2848,2016.
  • 明田 修平,瀧本 栄二,大月 勇人,齋藤 彰一,毛利 公一,
    無線メッシュネットワークにおける経路変更に起因する冗長なTCP高速再送制御の抑制手法,
    電子情報通信学会論文誌(B),Vol. J99-B,No. 8,pp. 612-624,2016.

>>> 2015年度以前の成果はこちらへ

国際会議・国内会議 (査読あり)

  • Hiroki Inayoshi, Shohei Kakei, Eiji Takimoto, Koichi Mouri and Shoichi Saito,
    Prevention of Data Leakage due to Implicit Information Flows in Android Applications,
    2019 14th Asia Joint Conference on Information Security (AsiaJCIS 2019), pp. 103-110, 2019.
  • Yuya Yamashita, Junjun Zheng, Shoichi Saito, Eiji Takimoto, Koichi Mouri,
    Implementation of Virtual Machine Monitor-Based Stack Trace Mechanism on Windows 10 x64,
    International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2019 (IMECS 2019), pp. 100-105, 2019.
    受賞Best Student Paper Award of The 2019 IAENG International Conference on Computer Science
  • Keigo Taga, Junjun Zheng, Koichi Mouri, Shoichi Saito, Eiji Takimoto,
    Firewall Traversal Method by Inserting Pseudo TCP Header into QUIC,
    International MultiConference of Engineers and Computer Scientists 2019 (IMECS 2019), pp. 216-221, 2019.
    受賞Best Student Paper Award of The 2019 IAENG International Conference on Communication Systems and Applications
  • Hiroki Ogawa, Eiji Takimoto, Koichi Mouri, Shoichi Saito,
    User-Side Updating of Third-Party Libraries for Android,
    2018 Sixth International Symposium on Computing and Networking Workshop (CANDARW), pp. 452-458, 2018.
  • Toshiki Takeuchi, Koichi Mouri and Shoichi Saito,
    Mocha:Automatically Applying Content Security Policy to HTML hybrid application on Android Device,
    2017 Fifth International Symposium on Computing and Networking (CANDAR), pp. 503-509, 2017.
  • Yosuke Mitsuzumi, Shuhei Aketa, Eiji Takimoto, Shoichi Saito, Koichi Mouri,
    Improvement of Acknowledgment Mechanism for TCP with Network Coding,
    International MultiConference of Engineers and Computer Sciencists 2017 (IMECS 2017), Vol. 2, pp. 608-613, 2017.
    受賞Best Student Paper Award of The 2017 IAENG International Conference on Communication Systems and Applications
  • Eiji Takimoto, Shuhei Aketa, Shoichi Saito, and Koichi Mouri,
    Network Coding with Wait Time Insertion and Configuration for TCP Communications in Wireless Multi-hop Networks,
    International MultiConference of Engineers and Computer Sciencists 2017 (IMECS 2017), Vol. 2, pp. 577-582, 2017.
    受賞Certificate of Merit for The 2017 IAENG International Conference on Communication Systems and Applications
  • Kohei Sato, Koichi Mouri, and Shoichi Saito,
    Design and implementation of an application state migration mechanism between Android devices,
    7th International Workshop on Advances in Networking and Computing (WANC), pp. 696-700, 2016.

>>> 2015年度以前の成果はこちらへ

研究会・全国大会・総合大会・ポスター発表など(査読なし)

2020年度

  • 梶原 友希,鄭 俊俊,毛利 公一,
    動的解析システムのネットワーク接続の有無によるマルウェア検知精度の比較,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2021-CSEC-92,No. 53,pp. 1-8,2021.
  • 藤枝 慶弘,羽角 太地,島 成佳,安田 真悟,鄭 俊俊,毛利 公一,
    ユーザ操作特定のためのカーネル内でのプロセス挙動収集手法,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2021-CSEC-92,No. 48,pp. 1-8,2021.
  • 松下 意悟,鄭 俊俊,藤松 由里恵,金井 遵,鬼頭 利之,毛利 公一,
    IoT機器向けアプリケーション隔離実行基盤の検討,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2021-OS-151,No. 6,pp. 1-8,2021.
  • 渡部 聡也,田中 玲,後藤 秀樹,鄭 俊俊,毛利 公一,
    組込みシステム統合のためのマルチコア制御基盤「誉」の設計,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2021-OS-151,No. 5,pp. 1-8,2021.
  • 林 海豊,片山 吉章,鄭 俊俊,毛利 公一,
    ARM版XenにおけるVM切替え処理の性能評価,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2021-OS-151,No. 4,pp. 1-8,2021.
  • 原田 隆成 , 鄭 俊俊 , 毛利 公一,
    Linuxゲスト向けCuckoo Sandboxへのファイル保存機能の実現,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-CSEC-91,No. 19,pp. 1-8,2020.
  • 田中 大樹,川古谷 裕平,岩村 誠,,鄭 俊俊,毛利 公一,
    Windowsにおけるハッシュ値の伝播によるスレッドインジェクション機能を持つマルウェアの特定手法,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-CSEC-90,No. 9,pp. 1-8,2020.
    受賞CSEC優秀研究賞
  • 梶原 友希,鄭 俊俊.毛利 公一,
    対象スレッドの違いによるマルウェア検知精度の比較,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-CSEC-90,No. 8,pp. 1-7,2020.

2019年度

  • 大江 弘晃,瀧本 栄二,毛利 公一,鄭 俊俊,
    APIコール列を用いた隠れマルコフモデルに基づくマルウェア分類に関する考察,
    2020年電子情報通信学会総合大会 基礎・境界/NOLTA講演論文集,p. 66 (A-7-6),2020.
  • 松下 意悟,鄭 俊俊,藤松 由里恵,金井 遵,毛利 公一,
    IoTの安全性向上のためのOSセキュリティ機能調査,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-CSEC-88,No. 28,pp. 1-8,2020.
  • 吉野 貴史,掛井 将平,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    IoTデバイス向けの制御フローベース遠隔認証手法の軽量化の検討,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-CSEC-88,No. 27,pp. 1-8,2020.
  • 鈴東 佑馬,西村 俊和,毛利 公一,瀧本 栄二,
    輻輳ウィンドウサイズがMPTCP負荷分散機能に与える影響,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 461,pp. 1-6,2020.
  • 森本 康太,鄭 俊俊,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    マルウェアの動的解析におけるログ出力が停止する現象の実態調査,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-SPT-36,No. 25,pp. 1-8,2020.
  • 渡部 聡也,後藤 秀樹,山中 直道,鄭 俊俊,毛利 公一,
    組込みシステム統合のためのマルチコア制御基盤ソフトの検討,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2020-OS-148,No. 5,pp. 1-8,2020.
  • 多可 啓悟,毛利 公一,鄭 俊俊,齋藤 彰一,瀧本 栄二,
    エンドノードでの擬似TCPヘッダ挿入によるファイアウォールトラバーサル手法の実装と評価,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 119,No. 342,pp. 13-18,2019.
  • 林 優香,稲吉 弘樹,掛井 将平,毛利 公一,瀧本 栄二,齋藤 彰一,
    コンパイラ最適化がテイント解析に与える影響と解析性能向上,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,pp. 990-997,2019.
  • 田中 大樹,内匠 真也,金井 遵,鄭 俊俊,毛利 公一,
    SELinuxによる組込みシステムのソフトウェア保護手法と検証,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,pp. 676-682,2019.
  • 青木 和也,掛井 将平,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    TrustZoneを利用した安全なメモリ操作によるプロセス状態確認手法,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,pp. 597-604,2019.
  • 西村 賢太,山本 萌花,掛井 将平,齋藤 彰一,瀧本 栄二,毛利 公一,
    IoTゲートウェイで動作するコンテナの異常検知手法の提案,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2019(CSS2019)論文集,pp. 136-143,2019.
  • 梶原 友希,鄭 俊俊,毛利 公一,
    機械学習を用いたマルウェア検知における動的解析システムの比較,
    コンピュータセキュリティシンポジウムデモンストレーション(ポスター)セッション,DPS-13,2019.
  • 稲吉 弘樹,掛井 将平,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    暗黙的フローに対応したAndroidアプリケーションの動的テイント解析システム,
    コンピュータセキュリティシンポジウムデモンストレーション(ポスター)セッション,DPS-12,2019.
  • Kota Morimoto, Junjun Zheng, Eiji Takimoto, Shoichi Saito, Mouri Koichi,
    Understanding Malware's Actual Behaviors from Dynamic System Call Tracer's Log,
    International Workshop on Security 2019 (IWSEC2019) Poster Session, No. 18, 2019.
  • 土屋 勇人,堤下 裕次郎,鄭 俊俊,齋藤 彰一,毛利 公一,瀧本 栄二,
    MPTCPを用いたWi-Fiハンドオーバーの検証,
    第18回科学技術フォーラム(FIT2019),Vol. 4,pp. 67-70 (CM-009),2019.
  • 申 河英,鄭 俊俊,齋藤 彰一,毛利 公一,瀧本 栄二,
    ns-3とDNSサーバによるDNSリフレクタ攻撃エミュレーション,
    第18回科学技術フォーラム(FIT2019),Vol. 4,pp. 177-180 (L-025),2019.
    受賞FIT奨励賞受賞
  • 梶原 友希,鄭 俊俊,毛利 公一,
    システムコールを用いたマルウェア検知における機械学習アルゴリズムの比較,
    第18回科学技術フォーラム(FIT2019),Vol. 4,pp. 195-198 (L-033),2019.
    受賞FIT奨励賞受賞
  • 田中 大樹,内匠 真也,金井 遵,鄭 俊俊,毛利 公一,
    SELinuxによる組込みシステムのソフトウェア保護手法,
    第18回科学技術フォーラム(FIT2019),Vol. 4,pp. 199-204 (L-034),2019.

2018年度

  • 鈴東 佑馬,西村 俊和,毛利 公一,瀧本 栄二,
    MPTCPにおけるパス特性を考慮した輻輳制御アルゴリズム選択に関する検討,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No.481,pp. 273-278,2019
  • 久保田 曹嗣,鄭 俊俊,芝 公仁,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    ゲストOSのファイルキャッシュ識別によるメモリ重複除外,
    情報処理学会研究報告 Vol. 2019-OS-145, No. 4,pp. 1-8,2019.
  • 多可 啓悟,鄭 俊俊,毛利 公一,齋藤 彰一,瀧本 栄二,
    QUICへの擬似TCPヘッダ挿入によるファイアウォールトラバーサル手法,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 118,No. 305,pp. 87-92,2018.
  • 小松 昌平,PEYROUTAT-BASSE Jerome,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    プロセス内処理に対する遠隔認証手法の提案と実装,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2018(CSS2018)論文集,pp. 1066-1072,2018.
  • 加藤 周良,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    ヒープ領域に対するソースコード不要のIntel MPX命令適用手法,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2018(CSS2018)論文集,pp. 1059-1065,2018.
  • 森本 康太,鄭 俊俊,齋藤 彰一,瀧本 栄二,毛利 公一,
    動的解析においてログが取得できないマルウェアの実態調査,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2018(CSS2018)論文集,pp. 1024-1031,2018.
  • 山下 雄也,鄭 俊俊,齋藤 彰一,瀧本 栄二,毛利 公一,
    AlkanetにおけるMeltdown対策済Windowsのシステムコールトレース手法,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2018(CSS2018)論文集,pp. 686-691,2018.
  • 岡野 圭史,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    Androidにおけるランタイムパーミッションのクラス別適用手法,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2018(CSS2018)論文集,pp. 121-128,2018.

2017年度

  • 古谷 晶良,山本 遼介,片山 吉章,水口 武尚,明田 修平,毛利 公一,
    高信頼組込みシステムのための仮想計算機モニタ,
    第80回全国大会講演論文集,Vol. 1,pp. 135-136,2018.
    受賞学生奨励賞受賞
  • 佐藤 卓哉,明田 修平,斎藤 彰一,毛利 公一,瀧本 栄二,
    IEEE802.11 MAC拡張による高信頼1対2通信方式の無線ネットワークコーディングへの適用,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2018-DPS-174,No. 11,pp. 1-8,2018.
  • 明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    パケット順序エラーに対するフィードバックを用いたTCP高速再送制御の制御手法の実環境評価,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 117,No. 459,pp. 17-22,2018.
  • 山本 遼介,片山 吉章,水口 武尚,明田 修平,毛利 公一,
    システム障害発生時における障害情報収集と再起動の同時実行による高信頼化,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2018-OS-142,No. 9,pp. 1-9,2018.
    受賞最優秀学生発表賞受賞
  • 松本 隆志,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    情報漏洩防止のためのTCPによるネットワークワイドなテイント追跡手法,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2016-CSEC-75,No. 11,pp. 1-8,2017.
    受賞CSEC優秀研究賞
  • 榑林 秀晃,毛利 公一,齋藤 彰一,
    動的解析にもとづくIntel MPX命令挿入による 再コンパイル不要のメモリ安全性向上手法,
    処理学会研究報告,Vol. 2016-CSEC-79,No. 9,pp. 1-8,2017.
    受賞CSEC優秀研究賞
  • 福田 泰平,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    JDWPによる動的解析を利用したAndroidアプリケーションの外部モジュール利用実態調査,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2017(CSS2017)論文集,pp. 537-544,2017.
    受賞CSS2017 学生論文賞受賞
  • 小川 弘貴,竹内 俊輝,毛利 公一,齋藤 彰一,
    Androidアプリケーションのユーザによる外部ライブラリアップデート手法の提案,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2017(CSS2017)論文集,pp. 530-536,2017.
  • 山下 雄也,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    仮想計算機モニタを用いたWindows 10 64bit環境におけるスタックトレースの実現,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2017(CSS2017)論文集,pp. 495-502,2017.
  • 河合 佑紀,明田 修平,半井 明大,窪田 歩,瀧本 栄二,毛利 公一,
    AndroidアプリケーションにおけるRuntime Permission要求時の挙動調査,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2017-SPT-024,No. 31,pp. 1-7,2017.

2016年度

  • 山本 遼介,片山 吉章,明田 修平,瀧本 栄二,毛利 公一,
    高信頼な組込みシステムに向けた障害情報収集機能を持つ監視用OSの試作,
    第79回全国大会講演論文集,Vol. 1,pp. 173-174,2017.
    受賞学生奨励賞受賞
  • 黒竹 俊太,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    高速無線通信を想定したTCP再送オフロードのデバイスドライバによる実装とその評価,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 116,No. 497,pp. 55-60,2017.
  • 榑林 秀晃,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    RINArray:配列構造復元による侵入検知システムの精度向上,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2017-CSEC-76,No. 24,pp. 1-8,2017.
  • 新美 渓介,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    プロセス耐障害性向上システムOrthrosにおけるコンテナマイグレーション手法,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2017-OS-139,No. 11,pp. 1-8,2017.
  • 松下 馨,岩間 響子,瀧本 栄二,毛利 公一,齋藤 彰一,
    多重OS実行環境におけるカーネル間メモリ監視による障害検知機構の実装,
    情報処理学会研究報告,Vol. 2017-OS-139,No. 2,pp. 1-8,2017.
  • 福田 泰平,岩田 直樹,明田 修平,瀧本 栄二,川端 秀明,半井 明大,窪田 歩,毛利 公一,
    AndroidにおけるJDWPを利用したAPI呼出し元モジュール特定手法,
    2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017),No. 3D3-5,pp. 1-8,電子情報通信学会,2017.
  • 岩田 直樹,明田 修平,瀧本 栄二,川端 秀明,半井 明大,窪田 歩,毛利 公一,
    Androidアプリケーションへのコード挿入を用いたAPI呼出し元モジュール特定手法,
    2017年暗号と情報セキュリティシンポジウム(SCIS2017),No. 3D3-4,pp. 1-8,電子情報通信学会,2017.
    受賞セキュリティシンポジウム道後2017 学生研究賞受賞
  • 松本 隆志,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    動的テイント解析機能を利用したOSによる細粒度データ出力制御手法,
    情報処理学会研究報告 Vol. 2016-CSEC-75,No. 1,pp. 1-8,2016.
  • 明田 修平,広渕 崇宏,瀧本 栄二,毛利 公一,高野 了成,
    Intel DPDKを用いたネットワーク遅延エミュレータの開発,
    コンピュータシステム・シンポジウム論文集,Vol. 2016,pp. 147-152,2016.
  • 久保田 曹嗣,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    CPUによるリターンアドレス書換え攻撃検知とソフトウェア支援,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2016(CSS2016)論文集,pp. 718-725,2016.
  • 中島 将太,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    動的解析ログを活用した静的解析補助手法の提案,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2016(CSS2016)論文集,pp. 526-533,2016.
    受賞学生論文賞受賞 受賞辻井重男セキュリティ論文賞 特別賞受賞
  • 明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    経路変更に起因する順序エラーを考慮した無線メッシュネットワーク向けTCP輻輳制御,
    電子情報通信学会技術研究報告,Vol. 116,No. 171,pp. 77-82,2016.

>>> 2015年度以前の成果はこちらへ

デモ・ポスター・講演

  • 山下 雄也,明田 修平,瀧本 栄二,毛利 公一,
    BitVisor内蔵のlwIPでAlkanetのログ送信を試みる,
    BitVisor Summit 5,2016.
  • 富田 崇詠,明田 修平,瀧本 栄二,毛利 公一,
    Virtualize APIC accessによるAPICフック手法,
    BitVisor Summit 5,2016.
  • 富田 崇詠,明田 修平,瀧本 栄二,齋藤 彰一,毛利 公一,
    BTSを用いた仮想環境下での継続的な分岐記録手法,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2016(CSS2016)デモンストレーション (ポスター) セッション,DPS-11,2016.
  • 大倉 有喜,田中 恭之,明田 修平,瀧本 栄二,毛利 公一,
    システムコールトレースログと通信ログの結合によるマルウェア解析支援,
    コンピュータセキュリティシンポジウム2016(CSS2016)デモンストレーション (ポスター) セッション,DPS-10,2016.

>>> 2015年度以前の成果はこちらへ

解説記事・雑誌など

  • 毛利 公一,
    「Androidアプリのプライバシー情報取得」、どう監視する?,
    Androidセキュリティ技術の最前線(5),ITmedia,2016.(記事はこちら

>>> 2015年度以前の成果はこちらへ

研究成果/一覧.txt · 最終更新: 2021/03/17 03:30 by mouri
www.chimeric.de Valid CSS Driven by DokuWiki do yourself a favour and use a real browser - get firefox!! Recent changes RSS feed Valid XHTML 1.0